Blog&column
ブログ・コラム

家屋調査を行う際の注意点について

query_builder 2021/06/22
コラム
various-home-house-houses
家屋調査は、家屋を新築または増築した際に必ず行う必要がある調査です。
担当職員が実際に自宅に来て家屋の隅々まで確認していくだけなので、基本的に何もすることはありませんが、家屋調査をするにあたっていくつか気をつけておきたいことがあります。
そこで今回は、家屋調査を行う際の注意点について解説していきます。

▼家屋調査の当日は家屋の評価額を知ることはできない
家屋調査は固定資産の評価額を算出するために行う調査ですが、職員が調査内容を持ちかえって改めて計算するので、調査当日に評価額を知ることはできません。
できるだけ早く知りたいという方は、固定資産課税台帳を閲覧するのがおすすめです。
これは毎年4月1日から5月31日頃まで、市町村の窓口などで確認することができます。

調査に必要なものを事前に準備しておく
家屋調査を行うにあたって、事前に何を準備しておくべきか案内が来ます。
基本的には、建物の平面図や立体図・断面図、設備仕様書、仕上げ表、検査済証などが必要です。
地域によってはこれに加えて必要なものもあるので、必ず届いた案内を確認しましょう。

▼できれば家屋の所有者が調査に立ち会う
家屋調査には必ず所有者が立ち会わなければならないという決まりはありませんが、所有者が不在の中調査をするとなると、資料のみで家屋の評価額を算出しなければならなくなります。
そのため、正確な評価額が知りたいという方は所有者が立ち会うべきでしょう。

▼まとめ
家屋調査は基本的に職員がすべて進めてくれますが、事前に準備するものなどもあるので余裕をもって家屋調査の準備をしましょう。
家屋調査についてのご相談はいつでも歓迎していますので、気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 土地合筆登記とは?2つの土地を一つにする?

    query_builder 2022/04/05
  • 地積の既存図面とは?

    query_builder 2022/03/03
  • 土地の境界確認のトラブルとは

    query_builder 2022/02/01
  • 不動産トラブルとは

    query_builder 2022/01/15

CATEGORY

ARCHIVE