Blog&column
ブログ・コラム

土地家屋調査士とは?

query_builder 2021/06/08
コラム
advice-answer-ask-assistance
土地家屋調査士という資格をご存知ですか?あまり聞き馴染みのない資格ですが、一言で言えば不動産登記の専門家です。
陰ながら私たちの生活を支えてくれている大切な存在で、これから先お世話になることもあるかもしれません。
そこで今回は、土地家屋調査士の業務内容について解説していきます。

不動産調査測量
不動産登記を行うためには土地建物の正確な情報が必要です。
そこで土地家屋調査士が昔の地図を見て形や位置などを確認したり、実際に現地に調査しに行ったりします。

▼表示に関する登記の申請の代理
表示に関する登記は、所有者が申請を行わなければなりません。
しかし、申請手続きには専門知識が必要で、自分で調査することもできません。
そこで土地家屋調査士が申請の代理を請け負っています。

▼表示に関する登記の審査請求手続の代理
きちんと登記申請をしたにもかかわらず、登記所が登記してくれなかったり不当な処分をしたりすることもあります。
そんな時は登記所に対して審査請求をすることができます。
この手続き土地家屋調査士が代理で行ってくれます。

▼筆界特定の手続代理
隣の土地との筆界がはっきりしていない場合、トラブルになることも珍しくありません。
万が一トラブルになったときは、土地の所有者は筆界特定を行うことができます。
この際に必要な手続き土地家屋調査士に代理で行ってもらうことができます。

土地の境界における争いに関する民間紛争解決手続の代理
土地の境界でトラブルになったときは、訴訟を起こして解決するという方法をとることもできますが、できれば避けたいですよね。
そんなときに「裁判外紛争解決手続」によって話し合いで解決を図ることができます。
これは認定を受けた土地家屋調査士と弁護士が共同で手続きを代行します。

▼まとめ
土地家屋調査士は、普段の生活ではあまり関わりがありませんが、不動産登記を行う際にとても頼りになる存在です。
弊社では土地や家屋の調査、登記などを専門の土地家屋調査士に相談することができるので、気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 土地合筆登記とは?2つの土地を一つにする?

    query_builder 2022/04/05
  • 地積の既存図面とは?

    query_builder 2022/03/03
  • 土地の境界確認のトラブルとは

    query_builder 2022/02/01
  • 不動産トラブルとは

    query_builder 2022/01/15

CATEGORY

ARCHIVE