Blog&column
ブログ・コラム

家屋調査ではどこまで見られる?

query_builder 2021/05/22
コラム
question-doubt-problem-mark
家屋を新築または増築した際に必要になる家屋調査ですが、何をどこまで調査するのか気になるのではないかと思います。
場合によっては、見られたくないものはきちんと片付けておいたり、隅々まで掃除しておく必要がありますよね。
そこで今回は、家屋調査で見られるところと見られないところについて解説していきます。

▼家屋調査で見られるところ
家屋調査は、固定資産税の適正な税額を算出するための調査なので、家屋を中心に外観から室内まで細かく確認していきます。
トイレやお風呂、キッチン、リビング、収納など家のほとんどを見られると思っておいた方がいいでしょう。
しかし、どうしても見られたくない場所もあると思います。
その場合は、事前に見られたくない場所を担当の職員に伝えておきましょう。
なぜ見られたくないか聞かれるかもしれませんが、正当な理由であれば無理やり確認しようとはしません。

▼家屋調査で見られないところ
家屋調査はあくまで建物のみを評価するので、庭や物置、屋根と柱だけのカーポートなどは調査の対象になりません。
そのため、庭が広いから固定資産税が高くなるというようなことはありません。
家屋調査が終了すると、その後職員から税金に関しての説明があり、固定資産税の税額が決定します。

▼まとめ
家屋調査では建物の隅から隅まで確認します。そのため、下着など見られたくないものはきちんと片付けておくようにしましょう。
土地建物のことでお困りの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

NEW

  • 土地の資産価値について

    query_builder 2021/09/15
  • 家の資産価値の調べ方について

    query_builder 2021/09/01
  • 家屋の資産価値について

    query_builder 2021/08/15
  • 資産価値とは

    query_builder 2021/08/01
  • 固定資産税を決定するための家屋調査について

    query_builder 2021/07/22

CATEGORY

ARCHIVE