Blog&column
ブログ・コラム

測量を行う場合に高い精度が求められる理由とは

query_builder 2021/03/17
コラム
building-professional-employee-builder
土地家屋調査士は、必要に応じて測量を行い、図面を作成することがあります。
この測量や図面の作成において求められるのが「精度の高さ」です。
そこで高い精度が必要である理由について分かりやすく紹介します。

■トラブルを防ぐために精度の高い測量が必要
ここでは、『遺産相続』を例にとって紹介します。
遺産相続では、相続した土地を複数の相続人で分割して登記を行う場合があります。
名義を分けるためには、正確に境界を測り、結果を「登記」として正しく記録しなくてはなりません。
このとき、測量の精度が低ければ、あとあとトラブルにつながることが想定されます。
『境界にまつわるトラブル』は比較的よく聞く話でもありますよね。
遺産相続に限らず、のちのトラブルを防ぐためには、精度の高い測量が必要なのです。

■精度は高くても多少の誤差は生じる
近年は測量技術が非常に進化しており、以前よりも測量の精度は高まっています。
それでも多少の誤差が生じますが、これはやむを得ないことです。
生じる誤差が許容範囲内であるよう、測量は慎重かつ正確に行われなくてはなりません。

■まとめ
あとあとの面倒が起こらないように、測量や図面を依頼する場合は、信頼できる会社への依頼が安心です。
「三井土地家屋調査士事務所」では、土地建物についてのご相談を幅広く承っております。
測量や境界、登記など、土地建物のことでお悩みでしたら、「三井土地家屋調査士事務所」にご相談ください。

NEW

  • 建物表題登記を自分で行う場合に必要な書類とは

    query_builder 2021/04/15
  • 不動産の購入などにかかる登記費用の計算方法

    query_builder 2021/04/08
  • 建物の登記事項証明書とは?どこで取得できる?

    query_builder 2021/04/01
  • 不動産登記簿謄本の種類と取得方法について

    query_builder 2021/03/28
  • 不動産登記は、不動産登記法を熟知した専門家への依頼が安心

    query_builder 2021/03/25

CATEGORY

ARCHIVE