Blog&column
ブログ・コラム

不動産登記と測量の関係とは

query_builder 2021/02/08
コラム
surveying-equipment-measurement-construction
住宅街や市街地などで時々、三脚に乗ったカメラのようなものをのぞき込んでいる作業員を見かけますよね。
これは「測量」を行うスタッフです。
実はこの測量不動産登記と深い関係があることをご存知でしょうか。
今回は不動産登記と測量の関係について解説します。

測量とは?
測量とは、土地の面積・高低差などを測る作業です。
測定した数値を元に図面を作り、土地がどのようになっているかを視覚的に表していきます。
こうした作業は、例えば地図を作る時には非常に重要ですよね。
しかしそれ以外にも、私たちの生活に密接に関わる場面があります。
それが不動産登記です。

不動産登記のためには正確な測量が必要
土地不動産登記の際は、その土地がどのような形をしているか、正確な面積などの詳細な情報が必要です。
測量のデータは、素人がメジャーなどで測って提出しても受理されません。
測量士の資格を持った職人によって正確に測定しなければ、登記の手続きをすることができないのです。

土地売買の際にも測量が求められる
既に持っている土地を売却する際は、土地の面積などが登記簿に明記されていますので、改めて測量を行わなくても良いと思う方もいるかもしれません。
しかし数十年前は測量技術が今ほど進んでいなかったため、古い登記簿のデータは実データと異なるケースが多くあります。
後で揉めないためにも、土地の売買を行う際は改めて測量をご依頼いただくことをおすすめします。

▼まとめ
不動産を扱う場合、測量は切っても切り離せないものです。
ぜひ信頼できる業者にご依頼いただき、正確に測量を行ってください。
三井土地家屋調査士事務所でも、経験豊富な測量士が測量を承っています。
測量の重要性をしっかり認識して、不動産を正しく扱っていきましょう。

NEW

  • 測量の基準点とは

    query_builder 2021/02/26
  • 測量に資格は必要なのか。

    query_builder 2021/02/23
  • 測量士とはどういう仕事?

    query_builder 2021/02/20
  • 測量の機械はどういう仕組みになっているの?

    query_builder 2021/02/17
  • 測量の「レベル」とは何?

    query_builder 2021/02/14

CATEGORY

ARCHIVE